抗生物質 ニキビ

難治性のニキビの改善にイソトロインを試してみよう

若い年代の人のニキビは、ほとんどがホルモンのアンバランスや皮脂分泌の過剰が原因なので、適切な治療を受けることで、ある程度の時期になると改善することが多いです。

 

 

現代は、精神的なストレスを受けたり、ホルモンバランスが乱れたり、食生活の乱れなどが原因で大人ニキビに悩まされている方が増えています。

 

 

難治性の大人ニキビを改善するためには、抗生物質を使用している方が多いですが、胃腸に負担が掛かりやすくなっています。

 

 

イソトロインは、インドのシプラ社で製造されているジェネリック医薬品なので、先発医薬品に比べると価格が安いのが特徴です。

 

 

どんな治療を受けても、改善できなかった難治性のニキビに効果のある医薬品なので、服用をしてみると良いでしょう。

 

 

2週間から3週間ぐらいをワンクールにして、一日に2回程度服用するようにして下さい。

 

 

なかなか改善しない場合は、8週間ぐらい間隔を開けてから、また2週間から3週間程度服用するようにしましょう。

 

 

妊娠中の場合は、イソトロインを服用すると胎児に影響が出る場合があるため、服用は避けるようにして下さい。

 

 

イソトロインは、有効成分がトレチノインになっていて、皮脂の分泌を抑えてニキビを改善する働きがあります。